ミラバスの後付け価格と機種選び。ミラバスと、どこでもミラバスどっちを選ぶ?

add_texts (16).jpg

私は、シャワーヘッド【ミラブル】の発売当初からの大ファンです。

ミラブルを使い始めて、湯上がりに乾燥することがなくなったことがファンになった1番の要因です。

そこで、もっともっと【しっとり】したいので、お風呂につかるだけで体をキレイにしてくれる【ミラバス】も購入しようと検討していて、

・ミラバスは後付けできる?
・工事は必要?
・いくらかかる?
・ミラバスは種類があるみたいだけど、どれを選んだらいい?

など色々と調べたので、私と同じようにミラバスを検討されている方の参考になればと思い記録しておきます。

前提として、私は新築やリフォームをする予定はないのですが、今のお風呂に後付けできるようです。

ただ、ミラブルには大きく分けて2種類のタイプがあって価格が大きく違います。

まずは、あなたが【どのタイプを選ぶべき】なのかと、その【価格】をお伝えします。



新築・リフォームする人は
\ビルトインタイプのミラバス/
\38万2800円(税・標準工事費込み)/



今のお風呂に後付けの人は
\どこでもミラバス/
\32万7800円(税込)/



新築・リフォームする人は工事が必要な【ミラバス】

今のお風呂に後付けする人は工事がいらない【どこでもミラバス】

ミラバスのメリット・デメリットや価格を考えた結果、この基準で選べば失敗せずにすみますよ。


\無料5年保証はここだけ👇/
👆プラス1万円で10年保証も!


では、詳しくお話ししていきますね。


ミラバスには大きく分けて2種類ある

ミラバスの種類は大きく分けて2種類あります。

・ビルトインタイプの【ミラバス】
・ポータブルタイプの【どこでもミラバス】

さらに、ビルトインタイプの【ミラバス】の中に3種類あって

・ミラバス
・ミラバスガーディアン(入浴事故防止装置付き)
・ミラバスビジョン(テレビ付き)

ガーディアンとビジョンはオプションなので、このページでは深入りしないことにします。

ビルトインタイプとポータブルタイプの大きな違いは、取付に工事が必要かどうかです。


ビルトインタイプのミラバスの特徴

ミラバスビルトイン (1).png

ビルトインタイプの取付には工事が必要です。そのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ミラバスのメリット・デメリット
【メリット】
・ミラバスの本体とコードを浴槽の中に入れ込むのでスッキリする。

【デメリット】
・工事が必要なので、時間と費用がかかる
・取り付けできない浴槽がある

ミラバスを取り付けるまでの流れ
工事が必要なので、契約から使用開始までかなり時間がかかります。その流れを見ていきます。

①契約

②事前調査日程打ち合わせ

③事前調査(2万円)
・取り付け可能であれば、調査費用無料
・取り付けできない場合、商品代金から調査費用2万円を引いた額が返金される。

④工事日程打ち合わせ

⑤工事(半日〜1日)

⑥使用開始

ビルトインタイプのミラバスは工事が必要なので、どうしても時間と費用がかかります。

なので、新築やリフォームのタイミングであれば気にならないのですが、普通に生活をしている中で工事が入ると少し面倒くさいです。

また、取付ができない場合があるので、取り付けできるかどうかの事前調査が必要となり、その費用は2万円です。

add_texts (19).jpg

この調査費用は、ミラバスの取付が行われれば購入代金の中から調査会社に支払われるので追加で支払うことはありません。

ただ調査の結果、ミラバスの取付ができないと判明した場合にも調査費用は必要なので、購入代金から2万円を差し引かれた金額が返金されます。

設置工事が必要なミラバスはこんな弊害があるんですね。

ミラバスを使いたくて調査をしたのに、結果取付ができないうえに調査費用だけかかってしまう。

これって残念すぎます。

そこで、

ミラバスを取り付けできない家にもミラバスを使って欲しいと開発されたのが【どこでもミラバス】です。

どこでもミラバスの特徴

どこでもミラバス画像 (1).png

どこでもミラバスの取付には工事がいりません。そのメリット・デメリットを見ていきましょう。

どこでもミラバスのメリット・デメリット
【メリット】
電源をとれれば、
・どこでも取付可能
・どんなお風呂のタイプでも取付可能
・商品が届いたらすぐに使える
・汚れを落とす力はミラバスと一緒
・価格が安い

【デメリット】
・洗面所から電源をとるとお風呂のドアが閉まらない場合がある。(配線工事で解決します。)

下のリンクから『お風呂の配線をスッキリさせる【モール工事】を依頼したい』とお問い合わせください。



ビルトインタイプのミラバスを取り付けることができない家でも、ミラバスのお風呂に入れるようにしたのが【どこでもミラバス】です。

体の皮脂や汚れを落とす力は一緒ですし、何より面倒くさい工事がいらないので安い!届いたらすぐに使える!という点がメリットです。


\無料5年保証はここだけ👇/
👆プラス1万円で10年保証も!

どこでもミラバスを取り付けるまでの流れ
どこでもミラバスは工事がいらないので、商品が届いたらすぐに使うことができます。

①契約

②商品到着

③使用開始


ミラバスとどこでもミラバスの違い

 ミラバス
どこでも
ミラバス
工事必要不要
取付できない
浴槽
表の下に記載
電源あれば
全部OK!
価格
(工事費込)
38万2800円32万7800円
洗浄効果同じ同じ
配線スッキリ
むき出し
(工事可能)


【補足】
ミラバスに対応していない浴槽
・浴槽の素材が大理石やホーロー
・肩からお湯が出るタイプ
・お掃除浴槽機能付き
・ジェットバス付き
・浴槽のエプロン(側面部分)がはずせない

この他にも、取り付けできない場合があるので、事前に調査が必要となります。

まとめ〜ミラバス後付けの価格と機種選び〜

新築、リフォームをするならビルトインタイプの【ミラバス】。

ミラバスを後付けするなら、

・工事がいらない
・どのお風呂にも対応
・安い!
・すぐに使える

工事なしでお手軽だけど、皮脂や汚れを落とす力は一緒の【どこでもミラバス】がオススメです。


\無料5年保証はここだけ👇/
👆プラス1万円で10年保証も!


1つネックなのが配線です。お風呂のドアが閉まらない可能性があります。

ただそれも、電気屋さんに配線工事を依頼すればスッキリとさせてくれますので心配はいりません。電気屋さんへの工事の依頼は全国の電気屋さんとマッチングさせてくれるサイトを使うとお手軽です。

『お風呂の配線をスッキリさせる【モール工事】を依頼したい』とお問い合わせください。